What's New!
どんな活動をしているの?

食クラスター活動は、厳しい環境が続いている北海道経済の中にあって、国内外から高い支持を受けている「希望の星」である食の分野において、食に関わる幅広い産業(産)と関連機関(学官金)がオール北海道で今まで以上に緊密に連携・協働できる体制を整備するとともに、効果的なバリューチェーン(価値連鎖)の形成に努め、北海道ならではの食の総合産業を構築しようとする取組です。
食クラスターの全道的な推進母体である「食クラスター連携協議体(FC/NW)」では、北海道の食の発展を願う幅広い方々の参画をいただくとともに、多くの参画者の中で、それぞれの課題を解決し新しい発展につなげていく、さらには新しい事業やプロジェクトを「連携・協働」で生み出していきたいと思っています。

参画すると、どんなメリットがあるの?

食クラスター連携協議体(FC/NW)に参画することにより、①食に関する様々な情報が入手でき、また②参画者間の多様な交流の推進により、プロジェクトの発展や、それぞれの参加者の持つ課題や問題点の解決が容易となり、さらに、③食クラスターに関する様々な事業への参画も可能となります。また、 ④FC/NWは、参画者の意見を聴取し、国や道が行う新しい施策に反映されるよう努めます。
参画は無料です。なお、FC/NWでは、食関連の様々な事業の情報を提供することとしており、これらの事業の中には有料のものもあります。

現在の進捗状況
こちらのPDFファイルをご覧下さい。

現在2139社・団体・個人

が参画されています。(平成26年2月5日現在)
食クラスター連携協議体は、幅広いジャンルの機関・企業様・個人様の参画を得て連携・協働による取組を全道及び地域レベルで進めています。
連携協議体に参画することにより、①食に関する様々な情報が入手でき、また②参画者間の多様な交流の推進により、プロジェクトの発展や、それぞれの参加者の持つ課題や問題点の解決が容易となり、さらに、③食クラスターに関する様々な事業への参画も可能となります。
参画登録は無料です。多くの企業の参画がビジネスチャンスの拡大に繋がります。
ふるって参画申込をしましょう!

   

食クラスターに参画されますと、他の参画者様が提案されましたプロジェクトを展開することができます。

プロジェクトは現在507件

(平成25年9月30日現在)
提案のあったプロジェクトは、「食クラスター連携協議体(FC/NW)」に設置された戦略タスクフォース ( 北海道立総合研究機構、北海道中小企業総合支援センター、ノーステック財団、中小企業基盤整備機構北海道本部、北海道貿易物産振興会、フード特区機構、北海道経済連合会、北海道農業協同組合中央会、 北海道経済産業局、北海道農政事務所、北海道 ) においてプロジェクトをできるだけ効果的に推進する考えの下に「検討・協議」し、提案者とともに適切な進め方を見出すこととしており、プロジェクトの効果的な展開に向けた支援体制や支援方策等の検討が行われることから、プロジェクトの実施にあたっては、 FC/NWによるサポート体制のもと、他の参画者との「連携・協働」による効果的な取組の展開が可能となると考えられています。
なお、プロジェクトはあくまで提案者のものですので、提案者の意にそぐわない方向への誘導や提案者を離れた検討は行われません。

   

更新履歴